桐タンスは尾張 名古屋の三長家具

愛知県あま市 唯一の総桐たんす製造元 三長家具

会社案内アクセス

ショールーム見学・商品に関するお問合せは052-444-1402

  • ホーム
  • 三長家具のこだわり
  • 商品紹介
  • 洗い・修理について
  • 質問一覧
  • お問合せ
  • 当店が選ばれる理由
  • 三長家具で選ぶメリット
  • 失敗しない桐たんす選び
  • 桐たんすお役立ち
  • 桐たんすの種類と仕様
  • 桐たんすのお手入れ方法

ショールームご紹介

ショールームの見学
三長家具では多種多様な桐たんすが展示してあり、桐たんすをお探しなら一度は見ておきたいショールームです。
お気軽にお問い合わせください。
ショールームの見学のお問合せは052-444-1402

ショールームご紹介

更新日:2022年11月25日

三長家具の桐たんす

桐タンス職人

桐タンスの洗い・修理・リフォーム・メンテナンス
三長家具は40年以上続く伝統技術を屈指し、流行に左右されず永く愛される桐たんすを制作しています。また現代の生活様式の多様化に柔軟に対応した桐たんす造りを進めています。
私たちの制作した桐たんすは中部地方中心に家具専門店、百貨店、家具問屋などの店頭にて販売されており、各地方のお客様の声(たんすのデザイン、造り、価格など)を聞き、製品造りに励んでいます。
職人の自己満足で桐たんすを造るのではなく、お客様のご要望に応じて最高の技術、技法を用いて桐たんすを制作しています。
名古屋地区では唯一総桐たんすの製造元「三長家具」です。

三長家具の桐たんす

商品紹介

商品紹介 様々な形とスタイル

多くのお客様のご要望をカタチ「桐たんす」にしてご紹介しています。 桐たんすをご購入する際に参考になるように、伝統的な桐箪笥をはじめ、桐チェスト、焼桐、帯たんす、洋服たんすなど様々な桐たんすをご紹介しております。 また、別注事例も豊富にあり多種多様の桐たんすがご覧いただけます。 お客様のご希望に沿う桐たんすをお探しください。

  • 和たんす
  • 昇たんす
  • 桐チェスト
  • 焼桐たんす
  • 焼桐チェスト
  • 帯たんす
  • 衣装箱
  • その他

ピックアップ

焼桐10段浅引きチェスト

焼桐10段浅引きチェスト
396,000円(税込)
人気の焼桐浅引きチェストが限定価格にて新登場です。
●本体サイズ
W1060 D460 H1170

商品を詳しく見る

標準型 和たんす

標準型 和たんす
484,000円(税込)
標準型モデルのロングセラー商品です。
●本体サイズ
W1155 D470 H1770

商品を詳しく見る

衣装桐たんす

衣装桐たんす
440,000円(税込)
小振りな和たんすで最近人気急上昇です。圧迫感がなく、ちょうど良い大きさです。
●本体サイズ
W1060 D470 H1320

商品を詳しく見る


焼桐7段チェスト

焼桐7段チェスト
396,000円(税込)
焼桐整理たんすのご紹介です。コンパクトサイズで扱い易い桐チェストです。
●本体サイズ
W1060 D455 H1215

商品を詳しく見る

焼桐衣装たんす 民芸金具付

焼桐衣装たんす 民芸金具付
352,000円(税込)
桐の板目を焼いて仕上げました。民芸調のデザインは和洋どちらにも合います。
●本体サイズ
W1160 D470 H1215

商品を詳しく見る

4段 クローゼットチェスト

4段 クローゼットチェスト
260,000円(税込)
クローゼットの服吊下の空いたスペースに収まる桐チェストです。
●本体サイズ
W1060 D455 H650

商品を詳しく見る


桐箪笥 リフォームします

桐タンス洗い・修理

桐タンス洗い・修理

桐タンスの洗い・修理・リフォーム・メンテナンス
昔から長持ちすると言われる桐タンスですが、永く愛用した桐タンスは汚れ・シミ・傷などが目立ってきます。場合によっては「カビの発生」「虫食い」などのケースがあります。しかし、桐タンスは洗い・修理をして再生させることができます。
家族同様に歴史を刻んだ桐タンスを三長家具の職人たちが洗い・修理を施して再生させます。1つ1つの工程に責任をもって作業させていただきますので、安心してお預けください。
思い出深い、愛着のある桐タンスです。お客様の想いを大切にします。

桐タンスの洗い・修理・リフォーム・メンテナンス

インフォメーション、ご案内

インフォメーション一覧へ

2022-09-08 FAIR 桐たんす 秋のフェア
2022-08-03 NEWS 夏季休暇のお知らせ
2022-03-24 FAIR 桐たんす 春のキャンペーン!
2022-1-1 NEWS 新型コロナウイルス感染症拡大防止対策について
2022-1-1 NEWS 新年のご挨拶

 

ページトップ