ショールームご紹介

ショールームの見学
三長家具では多種多様な桐たんすが展示してあり、桐たんすをお探しなら一度は見ておきたいショールームです。
お気軽にお問い合わせください。
ショールームの見学のお問合せは052-444-1402

ショールームご紹介

  • 当店が選ばれる理由
  • 三長家具で選ぶメリット
  • 失敗しない桐たんす選び
  • 桐たんすお役立ち
  • 桐たんすの種類と仕様
  • 桐たんすのお手入れ方法
HOME > 質問一覧

質問一覧

最近、お客様よりお寄せ頂いたご質問やお知らせしたい情報をQ&Aにまとめて掲載しています。
その他、ご質問等があればお気軽にお問い合わせ下さい。

桐たんすについて

桐たんす・桐チェストのサイズは基本的にたとう紙(着物を包む袋)が入る幅、また、女性が扱いやすいような高さにしてあります。
しかし、桐たんす・桐チェストの基本はオーダーを受けてから製作に入りますのでサイズ変更は可能です。最大限、ご要望にお答えいたします。

 

もちろん、制作いたします。お客様のイメージやご要望をお知らせくだされば、桐たんすの図面作成から始まり、スタイルや金具を選び、予算を決め制作にかかります。お気軽にお問い合わせください。

何十種類もの中からお選びいただけます。
ショールームには現物の見本を多数用意しておりますのでその場でお決めいただけます。

桐たんす金具一覧はこちらから

 

桐箪笥(きりたんす)の基本はオーダーを受けてから製作に入ります。
お気に入りの桐たんす(デザイン)が決まれば着物の数に応じ引き出しの数を増減できます。
使い方の趣旨をお知らせくだされば、職人からご提案もいたします。

桐たんすは約130、桐チェストで約100の工程を職人が手作業で製作いたします。
ですから、製作から完成まで1ヶ月半〜2ヶ月の時間を要します。

指定のお届け日がある場合、逆算して早めにご注文をくださると、希望日のお届けが可能になります。

基本的に材料の違い、造り方の違いで値段が変わります。例えば

安い値段と高い値段の材料の比較

造り方も若干違います。現物を見て確かめてください。

桐タンス洗い修理について

基本的には無理かと思います。焼桐用に製作していないと火を直に当てますので板が反ったり、割れたりします。
洗い修理後、時代仕上げ(焼桐風)or 砥の粉仕上げをおすすめします。

お客様のご要望をお聞きし、弊社の定める料金表に沿ってお見積もりをします。
洗い修理の相場としては15万円位になり、タンスの種類、大きさ、痛み具合などにより料金は前後します。
お見積りは無料です。臨機応変に対応いたします。お気軽にお問い合わせください。
尚、弊社桐たんすであれば特別価格にてお引き受け致します。まずはご相談下さい。

お預かりしてから、早くて1ヶ月半、遅くて2ヶ月半位かかります。
時期によって期間は異なりますので、お問い合わせください。

表面に虫食いの穴がある場合恐らくその内部はカスカスです。
虫食い穴の部材をすべて新しい桐材に取り替えれば直ります。
黒い点(カビ)を発見した場合はまず全体を乾拭きしてください。
その時、カビを擦り取るように強く拭かないでください。表面のとのこが剥離します。
基本的にカビを取り除くことは洗い再生をしない限り無理です。
後の経過を見て、洗い再生をおすすめします。
外れた金具の取り付けは可能ですが、壊れた金具は交換をおすすめします。
鋳物金具や丁番は新しい金具に取り替えた方がスムーズかと思います。
唐紙は永年使用すると紙が劣化し破れてきます。
汚れたり、破れてしまった唐紙は新しく取り替えをおすすめします。絵柄を変えることによりお部屋の雰囲気も変わります。絵柄も豊富に取り揃えています。
お気軽にお問い合わせください。
保存状態がよければ再生可能です。
ただし、桐材も脆くなっているはずなので、補強等が必要になると思います。
100年前購入時に近い状態にいたします。
はい、修理いたします。
若干費用がかかりますので、お問い合わせください。
桐タンス同様に洗い修理できます。
長持ちは漆塗りが結構多く 朱漆仕上げや黒漆仕上げなど過去に沢山仕上げました。

ショールームに関する質問

基本的に事前予約をいただいております。毎日工場で作業をしていますが、納品や見積り等で外出するケースがあります。
お客様にご迷惑をおかけする前に事前にご予約くだされば希望日にご案内いたします。

三長家具は桐たんす専門 製造元のショールームです。
最高級 総無垢桐箪笥や伝統的な桐夫婦たんす、桐チェスト、焼桐たんす、一般家具店店頭に並ばない逸品物など展示してあり、参考になる桐たんすが多々あります。また、各種オーダーも受け付けており、ご希望の桐たんすが見つかります。お気軽にお越しください。

三長家具は桐たんす専門 製造元のショールームです。
通常流通にかかる中間マージンがないため、卸価格にてご提供でき、安心して桐たんすをお選びいただけます。

はい、できます。
実際に制作現場を見ていただき、桐たんすの綿密な職人芸をご覧ください。ただし、定休日は職人のお休みをいただきます。また、桐板干しの見学も可能です。どうやってアク抜き乾燥を行なうか体験できます。ご希望の方は、事前にお問い合わせください。

はい、あります。車を止めるところは沢山あります。
お客様のご要望は出来る限り叶えてあげたいと思い、最善のご提案をいたします。

引取り・納入・設置に関する質問

自社便で配達します。職人がお伺いしますので安心です。

基本的に費用は頂きません。常識の範囲内で対応します。

最長1年間お預かりいたします。新居の完成時期に桐タンスを納入できるよう作業を行ないます。
桐タンス修理再生は基本的に愛知県、岐阜県、三重県に限ります。その他の地域はご相談ください。
2階上げはサービスで行ないます。設置場所を事前に決めておいてください。
三つ重ねの桐たんすならまず階段から上げれます。最近マンションの廊下が狭く大きなタンスが入らないと聞きます。
購入前に設置場所等を確認しておくと良いでしょう。
事前にお知らせくだされば対処いたします。

その他の質問

昔、女の子が生まれると庭に桐の木を植え、嫁入りの時に桐たんすにして持たせるという習慣があるくらい桐は成長が早い木で、植林には適しています。
また、桐にタンニンという成分が含まれ腐食に強いため、製品が長持ちします。
さらに桐たんすは無垢板を使うため合板から出るホルムアルデヒトなど有害物質を殆ど発しませんし、後々の修理再生可能な家具に造りあげています。
使い捨ての物ではなく愛着が持て、修理してまた使える私共の桐たんすは今、注目されています。
安価な桐タンスは中国製か中国桐や桐合板を使い日本国内で大量生産した物 (これも国産表示)と思われます。確かに桐タンスですが桐の効果がはたしてどれだけあるでしょう?
お客様の目に届かぬところで酷く手を抜いている単なる収納箱と思います。
私たちの考える桐たんすは衣類等を守り続け、永年保管できる桐箱のこと。
永く使えるように渋抜き乾燥等、桐材を整え桐の特徴を最大限発揮できるよう手作業にて1棹ずつ丁寧に製作します。
名ばかりの桐タンスでは後々後悔されます。
三長家具のホームページ桐たんす お手入れ方法をご覧下さい。
わからないことがありましたらお気軽にお問い合わせください。
ゆたんは既製品ではなく、桐たんすに合わせて仕立てます。
・仕立て方は三方包み仕立てと四方包み仕立ての2種類あります
・生地は天竺木綿
・色は主に5色(紺色、緑色、紫色、からし色、エンジ色)あります
・無地と家紋入りが選べます
以上、選んで頂きお客様の桐たんすの寸法や家紋を教えて下さい。ご注文後、約1ヶ月でお届けできます。
それは恐らく渋抜き(アク抜き)をしてないのでしょう。この事例はよくあります。
その職人の仕事場で板干し場を見せてもらえばよっかたかも・・・
しばらくそのまま使用して頂き、適度な時期が来たら洗いをおすすめします。
信頼の置ける地元の職人が良いのではないでしょうか。
地元の気候に何年も慣れさせた桐材を使った桐たんすは殆ど動きませんが遠い地域から来た桐たんすは気候変動に対応できずに桐が動きます。(伸び縮みします。)動くとは、時と場合により桐たんすの引き出しが開かない等不具合が発生する場合のこと。業者が遠方ですと対応の遅れ、出張費、修理費、往復の送料など掛かります。
そう考えると小回りの利く地元の職人と付きあいをすると色々便利なこともあります。
お客様と同じ地域の桐たんすメーカーが良いのではないでしょうか。

ご予算にあった桐たんすをご提案できます。三長家具のクオリティを維持しお客様のご要望に沿った桐たんすをご提供します。お気軽にお問い合わせください。
注:値段ばかり安い桐たんすは中国桐を使用したり桐合板を使用したりしています。

ページトップ